リハビリ専門学校に入学したい!

作業療法士という仕事をご存知でしょうか。作業療法士は、理学療法士、言語聴覚士の2つの仕事と合わせて、「リハビリテーション」を支える重要なコメディカルとなります。それでは、それぞれの仕事の内容について紹介し、どのようにしてなる事ができるのかについて紹介します。まずは作業療法士についてですが、「社会復帰」を目指すリハビリテーションを行う仕事となります。例えば手先を使った細かい作業や、体を使う運動などが事故や病気などによってできなくなってしまっているとき、作業療法士がサポートをしてリハビリテーションを行います。

次に、理学療法士についてですが、こちらは「日常復帰」を目指すためのリハビリテーションを行う仕事です。立つ、座る、歩くというような、日常生活を送るために必須の機能が病気や事故などによって損なわれてしまっている患者のリハビリテーションが中心となります。物理的手法を中心として行うために、海外ではフィジカルセラピストと呼ばれます。

最後に言語聴覚士は、発語やコミュニケーションに関わるリハビリテーションを行う仕事です。病気や事故などによって視覚、聴覚、あるいは精神に問題が発生している患者のサポートを行います。これらになるには「リハビリ専門学校】を利用する方法があります。いずれの仕事も国家資格による仕事であるため、まずはその資格を取得しなければなりません。国家資格の受験資格として、専門学校ないしは大学の卒業が条件として挙げられています。



【管理人推奨サイト】
作業療法士になるための専門学校として就職率が高く参考になります。 >>> 作業療法士 なりたい